ガジェット

WiMAXに短期間の契約はないがサポートは充実

1年未満での契約に対応したWiMAXのサービスは、現在はほとんどないとされています。そのため、契約を考える際には最低でも2年のスパンで検討することが必須となってきます。

その一方で、契約途中でWiMAXのルーターなどの機材が故障した場合や、ユーザーの不安な点の問い合わせなどのポートは充実する傾向にあります。サポートが充実するという特徴が存在することから、長期間でも安心してWiMAXのサービスを利用することができると高く評価されています。

契約期間途中での解約は違約金が発生する

契約途中での解約に際しては、違約金の発生することが一般的であると考えられています。WiMAXのサービスでは、契約時に途中での解約は原則的に対応せず、万一その必要がある場合には違約金の発生するという条件を設定することが多いです。

あくまで2~3年の契約期間を満了してから、更新するかどうか考えることが原則であるという部分が、大半のWiMAXに共通しています。例外として、Broad WiMAXというプロバイダでは乗り換えて違約金を負担してくれるキャンペーンを行っているようです。詳しくは、Broad WiMAXの乗り換え時に違約金を負担してもらう方法にて解説されていました。

比較的長いスパンでの契約が多いWiMAX

WiMAXの契約期間に関する特徴としては、2~3年が主流であり、比較的長いスパンでの契約がメインであるところが挙げられます。そのため、契約を考える際には、短期間での契約を前提とせず、ある程度の期間契約が続くことを念頭に置く必要があると言えるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

Theme by Anders Norén